FC2ブログ

今日のharayan

harayanは毎日毎日切磋琢磨しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOと、戦略を実践するサイトとは

わからないからこそ、見えてきたもの

検索エンジンへの適正化が議論されるようになったころ、私もご多分に漏れずいろいろとSEOの書籍を読んだのですが、正直申しましてあまり理解できませんでした。
実は私、技術的なことがまったく分らない原始人なのです。

社名で検索してホームページを見つけ出すことができただけで、“ちゃんと出来てるやん”・・と納得していたタイプなのです。“詳しいことはようわからんが”・・を前置詞にして話をするデザイン事務所のオヤジなのでもあるのでうが、逆に“何も判っていない”からこそ、先入観を持たず顧客のことをあれこれと考え抜いて提案するのです。

検索してもらいたいキーワードで上位検索されるようにするSEOチューニングに関しては、いろいろと疑問がありました。なんといっても“あやしい会社が多い”ということもあったのですが、情報をデザインする中で、あくまでユーザー(サイト訪問者)への配慮、ホスピタリティが大事だと思うのですが、そんなことを犠牲にしてでも上位の検索を目指す姿勢が納得できなかったのです。

見つけてもらうためにはキーワードを撒き散らして・・・テーマ別サイトを乱立させて、被リンクをなりふり構わず行う。。それがチューニングかい?? そんな疑問を持ちながらも、そんな技巧的なことをせずとも上位に検索されているサイトを多数あることも認知しており、“あくまでユーザーの利益になるように”“サイト訪問者への心遣い”という正しき情報構造の実践が本当のSEOにつながっていくんだという確信を持つようになりました。

サイトテーマ、ページテーマ、サイト登録、サイト紹介、ページタイトル、ボディ、正しき相互リンクなどにある一定のルールの中で正しく情報をデザインする。(この場合はディテールのことではなく構造)。それを実践していけば、ジワジワと上位に上ってくるのです。即効性はあれど副作用もあるモルヒネではなく、漢方薬のように効いてくるSEOを実感することになったのです。

“SEOとは、正しくサイトと造ることと見つけたり”
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://strategyweb.blog98.fc2.com/tb.php/4-2c554612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。