今日のharayan

harayanは毎日毎日切磋琢磨しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべきイベント、こみっくトレジャー

当社は企業展示会を企画、デザイン、施工、などの出展をサポートさせていただいている。
多様な展示会、イベントは知っているつもり。。
でもこの世界、こみっく、同人誌の世界はまったくしらない。
しかし、一般の企業展示の主催者が逆立ちしても、ここの集客力には勝てない。

装飾もなにもなく、ただ机が並べられているだけ、
そこに、コミックサークルと、アニメファンが押し寄せる。
言葉にすれば、こんなものだが、実際に見ると、
それは、凄い光景。

入場券というものはなく、このこみっくトレジャーの出版している
雑誌というか分厚いパンフレットを700円で購入する。


その本を高らかにかざして、入場していくのだ。
すでに、インテックスのセンター広場は、
オタク系おにいちゃんの群れ群れ群れ。。
いくらレビューのためのは言え、来たことを後悔した。(ほんの少し)

ここからは、一切の撮影が禁止。
それを、来場者にカメラを向けてはならないのだ。
非常にデリケートな人扱い。
しかし、いったん中に入ってみるアニメは、想像を絶する“えぐさ”があった。

アニメと性描写のワンパターンな直接表現。そこに何千と群がっている。


撮影が許されるのは、コスプレコーナーのみ。
それもカメラの向ける方向に厳しく制約がある。



たくさんの撮影のパーテーションがあって、その中の一つにエントリーした。
その撮影者もコスプレモデルに多様なリクエストをしている。
しかし一緒にとる者は、だれも居ない。自分を写さないのだ。

一緒に写ってはいけないのか??
私の番になった。モデルに聞いてみた。一緒に写ってよ。
はいポーズ。貴重な一枚が撮れました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://strategyweb.blog98.fc2.com/tb.php/296-19393bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。